トップ > 特集一覧 > 日本と時差なし!境界線のない島 パラオ

特集

日本と時差なし!境界線のない島 パラオ



パラオ人はとても温厚で優しく、とても親日国です。

日本の国旗日の丸とパラオの国旗はそっくりです。
太陽にてらされパラオの海に輝く月を表しています。日本への敬意から真ん中に月をもってくることを避けて位置をずらしたと言われています。


パラオは第一次世界大戦の頃は日本の南洋庁がおかれ、日本の統治下となっていました。インフラ整備や学校などはその時代から行われ日本語の名前がついた人やパラオ語として今でも色濃く残っています。

例えば飛行機の事は「シコウキ」、お弁当は「ベントー」、美味しいは「アジダイジョウブ」、パンツのことは「サルマタ」。名前に関しては「カトウサン」「サイトウサン」という名前が残り、面白いことにサンの部分までが苗字として使われていまっています。

 

主な産業は観光業と漁業となっており、現在はアメリカと日本による支援のもと国が成り立っている状態です。ここで面白いのが、パラオで飲むビールは 地ビールと日本大手メーカーのビールはどちらがお手頃でしょうか?
実はパラオ国内で作っている地ビールよりも日本大手メーカーの米国領で作って輸入したビールのほうが安く飲めるという日本人からするととても不思議な事があります。パラオへ行ったら日本では高いビールが350ml缶1本1ドル少々と安く飲めます。パラオ語での乾杯の音頭は「ツカレナオース(疲れ治す)」です。

パラオは大小あわせて500とも言われるほどの島々からなる国で、空港のあるバベルダオブ島はミクロネシアではグアムに次ぐ島になっており、パラオはほとんどが石灰岩でできた島々ですが、このバベルダオブ島だけは火山島になっています。

人口はわずか3万人と少ない島で、フィリピン人や日本人も一部移住しています。

 

パラオの首都はこのバベルダオブ島のマルキョクになりますが、バベルダオブ島にはほとんど住民はおらず、ほとんどがダウンタウンのあるコロール島に住んでいます。コロール島からバベルダオブ島までは一本道で繋がっており、島の間には綺麗なKBブリッジがかかっています。(コロール、バベルダオブの頭文字をとって命名)この橋は日本の企業も関わって作成された橋になっています。

コロール島のダウンタウンにはパラオで最大級のショッピングセンター「WCTCショッピングセンター」とその向かいにスーパーがあり、現地の人は、ここでほぼ買い物が済みます。日本人にとってイトーヨーカドー的なイメージです。

パラオのお土産は街中にある「ルーギフトショップ」でのパラオTシャツや郵便局に行くとパラオの綺麗な鳥が印字された切手も売っています。パラオ土産といえばパラオの神話が刻まれたストーリーボードです。玄関に置くオブジェとしてはとてもおすすめです。実はこのストーリーボードは面白いことにパラオ人の受刑者が日々彫っているものです。

パラオはまだまだ発展途上国ですので、日本での事件のような大罪を犯す人はほとんどおりません。パラオ刑務所に行けば実際の木彫り作業を見ることもできます。

パラオはもともとダイバーにとってのメッカのような存在です。それは海の透明度が世界一とも言えるほど綺麗なことと、ダイビングスポットが非常に多くあり、どこへ行っても楽しめるダイビングスポットがたくさんあることです。それが近年ではスノーケルでも十分楽しめると人気を集めています。

透明度が良いため、スノーケルでも十分パラオに住むナポレオンフィッシュやマンタにも出会うチャンスがあるのです。

また、世界最大級のイルカの施設「Dolphins Pacific」もあります。

こちらではドルフィントレーナー体験やドルフィンシンフォニー(イルカの背びれに捕まり一緒に泳ぐ)などのオプションを始めイルカ好きには嬉しい触れ合いが楽しめます。その他ドルフィンウェディングを行うことも可能です。こちらではその他にも環境保全についての活動サポートも行っています。




コロール島からボートでおよそ1時間、星の形をした時間がとまったようなゆったりとした時間を味わえるカープ島が浮かびます。

この島の名付け親はなんと日本の方で、カープは広島カープのファンのご夫婦により名付けられ、現在はこのカープ島でカープアイランドリゾートとして宿を経営しておられます。

パラオで有名なダイビングスポットを発見し惚れ込んだ事からパラオに移住したそうです。

カープ島では新月、満月には自然界の神秘的な生命の奇跡を見ることができるそうです。

  

カープ島のすぐそばには戦時中激戦地となったペリリュー島が浮かびます。こちらの島には現在でも非常に多くの戦跡が手付かずのまま残っています。ペリリュー決戦はアメリカ軍に1日で決着をつけると宣言された中の厳しい戦いでした。日本軍は洞窟戦を使い、数ヶ月間粘りの戦いをしたそうです。この時、パラオは日本の統治下でしたが、パラオ人には疎開を命じたそうです。そんな日本人の計らいの中、自ら志願して日本軍として共に戦ったパラオの方もいらっしゃったそうです。

数ヶ月ののちペリリュー島はアメリカ軍に占拠されました。その時の激しい戦いの痕として、日本のゼロ戦もそのまま戦跡として変わらず残っています。

ゼロ戦を作った堀越二郎さんが夢見た飛行機の本来の利用方法とその時代での利用方法には虚しさを感じずにはいられません。

現在では非常にのどかな田舎の島として住民が数百人程度暮らしています。宿泊施設もあり、ダイビングなどでの利用者も増えてきています。

日本から南に3000km。南海に浮かぶ不思議な形をした島々と透明感あふれる健康な海が広がります。「南ラグーンのロックアイランド群」20126月に世界遺産の中でも珍しい「世界複合遺産」に登録されました。
ユネスコ ロックアイランドと南部ラグーンの登録

【成田発着】
 デルタ航空直行便でパラオへ行くツアーはこちら
 ユナイテッド航空乗継便でパラオへ行くツアーはこちら
  ユナイテッド航空乗継便でグアム&パラオツアーはこちら
 期間限定JAL直行便 夜発6日間はこちら
 期間限定JAL直行便 午前発でパラオを空から見れるチャンス!5日間はこちら
【関空発着】
 
ユナイテッド航空乗継便でグアム&パラオツアーはこちら





特集
最新10件






| たびラボとは? | 旅行までの流れ | よくある質問 | 会社概要 | 旅行業約款・条件書 | サイトマップ | 個人情報保護に関して |


たびラボは、ハワイ・グアムなどの海外ビーチリゾートを中心に、パッケージツアー、航空券、ホテルクーポンを販売する旅行会社です。